絶対借りれる消費者金融

貸金業法改正

貸金業法が改正されたのをきっかけに消費者金融の業界は冬の時代を迎えています。主な理由が利息制限法に金利体系が変わったこと、今までのみなし弁済の適用で出資法の上限金利でも貸付が可能でしたが、それも廃止された結果、利益が出せるところが大手の一部に限られたことも一因です。

また、みなし弁済の廃止に伴うグレーゾーン金利分の過払い金の返還請求も今なお続いており、この返還金が経営を悪化させています。大手の消費者金融も自力での再建が困難なところもあり、一部は銀行のグループ企業となり、経営を続けているのが現状です。

貸金業法が改正される前は中小の金融会社のカードローンも多く存在していました。個人経営のキャッシングも多くありましたが、法律改正で参入基準が厳しくなり、純資産5000万円以下の会社は貸金業を営むことができなくなっています。

おまとめローン

かつて、自動契約機を主体に誰にも会わずにキャッシングできることが消費者金融のセールスポイントでした。ユニークなネーミングと親しみしやすさもあり、カードローンの利用者が増えた一方で、同時に気軽にキャッシングできることから多重債務者の増加も生みました。

加えて法律が改正される前も審査において利用者のカードローンの利用状況を調査していましたが、今のような厳格さはなく、高金利での貸付も可能であったため、多重債務でリスクのある方でも対応していたのです。改正後は、こうした過剰な融資を抑制するため、年収を基準にした総量規制を設け、信用情報機関を指定制度にして返済能力の調査を義務付けています。

サイト運営会社

連絡先

当サイトは違法性のある金融業者や法律に反すると疑わしいローン会社は断固として拒否致します。