絶対借りれる消費者金融

確実な融資を受けるための手順

今すぐお金が必要な人のための金融情報サイトです。

消費者金融でキャッシングローンをする人が増えています。不況の影響で、サラリーマンも突然の失職をすることが珍しうなくなっています。予期せぬリストラ、倒産。不測の事態に備えた蓄えもないので、急場しのぎに消費者金融でキャッシングローンをするのです。

 

消費者金融のキャッシングローンは簡単です。運転免許等の本人確認書類さあえあれば、自動契約機で借り入れることができます。最近は、一定期間の無利息キャンペーンが実施されていますので、急場しのぎであれば、無利息で出し入れができて、便利に使えます。返済についても、新しい職について落ち着いたら一括返済すればいいですし、サラリーマンにとって消費者金融は強い味方です。

WEB完結

申し込みについても、自動契約機だけではなく、インターネットで申し込みも一般化しています。インターネットで申込む場合には、仮申込機能もありますので、自分は借り入れ可能か、または、いくらまで借り入れが可能かについて確認してから借り入れることが可能です。

 

仮申込をして問題なければ、本申し込みに進みます。申し込み時には、スマートフォン等で本人確認書類や収入証明書を撮影してデジタル化しアップロードすれば、審査にそのまま入ります。あとは、次の出勤時に在籍確認を済ませれば審査は終了です。審査終了後は、自動契約機でカードを受け取り、その場でキャッシングしてもいいですし、指定口座に指定金額を振り込みさせることも可能です。

サラ金のイメージ

昭和の時代、現在の消費者金融はサラリーマン金融と呼ばれていました。当時は今では想像もつかないほどの高金利で融資が行われており、その結果、支払いが出来なくなった消費者も数も少なくありません。

そういった支払い不能に陥った消費者に対して、当時のサラ金は過酷な取り立て行為を行った結果、夜逃げや自殺にまで発展し、やがては社会問題となって世間に広く知られることとなったのです。

そういった一部の悪徳業者が存在したことで、サラリーマン金融は一気にイメージダウンとなっていったのです。

こういった問題に直面した当時のサラ金業界は、業界の自主規制を図ろうとして「日本消費者金融協会」が設立されました。これは米国の業界団体であるAFSA(当時はNCFA)を手本にしているといわれています。

同協会は、消費者金融市場の調査、経営者研修、社員教育、消費者啓蒙、対外広報といった幅広い活動を行い、更にはJCFA救済厚生事業団が設立されることとなりました。

同事業団では、自力による借金返済を望むものの、やむを得ず返済不能に陥った消費者の救済を行う団体です。


お薦めキャッシングサイト

サイト運営会社

連絡先

当サイトは違法性のある金融業者や法律に反すると疑わしいローン会社は断固として拒否致します。